女性

ほくろの治療を相談【治療費は健康保険適用外の自費診療】

  1. ホーム
  2. 目立つコンプレックス

目立つコンプレックス

看護師

簡単に除去出来る方法

顔面にほくろがある事をコンプレックスに感じている人は少なくありません。シミやシワなどといった悩みと違ってケアする方法もなく、メイクで隠す事も出来ないため、どうしていいか分からず困っている人も多いのではないでしょうか。美容外科クリニックなら、ほくろを簡単に除去する事が出来ます。患部を切り取り、縫い合わせるような「切除縫合術」なら保険も適用されます。一方レーザーを使った治療は保険適用外で自費治療にはなりますが、美容に対する関心が高まっている昨今レーザーマシンの性能も高まり、リーズナブルな価格で手術を行っているクリニックが急増しています。事前にしっかりと料金プランの確認などを行っていれば費用面の心配もありません。美容外科クリニックで治療を行うメリットはなんといっても気軽さにあるでしょう。ほくろ除去の手術方法はたくさんありますが、傷跡が残らない・または目立たない事と痛みやダウンタイムの少ない事からレーザーによる施術が初心者にはオススメです。レーザーによる施術だけでも種類は1つではありません。炭酸ガスレーザーは治したい部分が比較的小さな場合の治療に向いています。皮膚内の水分にレーザーが反応し、組織を蒸発させて削るタイプとなります。さらに小さな部分を直したい場合はQスイッチレーザーといって削らないタイプのレーザーが適しています。このレーザーはメラニン色素のみに反応するため、母斑細胞からメラニン色素だけを破壊し、気になる部分の色を薄くする事が出来ます。この他にもある削らないタイプのレーザー手術をはじめ、大きなほくろに対応した施術など色々な悩みに対応する施術メニューが豊富に用意されており、一人ひとりのニーズに合った治療を見つけられる事も人気の秘訣です。人によってはチャームポイントにもなるほくろですが、あまり目立たない箇所や自分自身でも気にならないような物ならともかく、顔に大きなほくろがあるおかげで憂鬱になるなど長年に渡って悩んでいる場合は取ってしまった方が良いでしょう。美容外科クリニックでの治療は、事前のカウンセリングをじっくりと行ってくれる場合が多く安心です。理想の仕上がりや費用面での相談も受ける事が出来る上に、ほとんどのクリニックではアフターケアもしっかりと行っているので、術後の不安もありません。クリニックの評判を口コミサイトで調べたり、いくつかのクリニックに足を運び、ドクターやクリニックの雰囲気が良い所を探したりするなど、自分に合ったクリニック選びを入念に行う事をオススメします。ドクターの実績、経歴なども判断材料になるでしょう。ほとんどのクリニックが行っている無料カウンセリングですが、ドクターが親身になって相談を受けてくれるか、説明は十分にしてくれるかどうかは、かなり重要です。美容外科クリニックでの施術における最大の特徴は心のケアも行ってくれる点といっても良いでしょう。患部状態によって合う治療法が変わりますが、気になる費用に関してはクリニックによって異なるようです。患部の大きさ、数、照射回数などクリニック事に価格設定は違うので、事前の確認は大切です。美容外科クリニックでは、ほくろの除去だけでなく皮膚の状態、肌を美しするための施術であると考える場合が多く、美容に重きを置いて患部の治療をしたい人に向いています。肌を痛める事なく、スキンケアの事まで考えてもらえるというのは嬉しい点です。