女性

ほくろの治療を相談【治療費は健康保険適用外の自費診療】

  1. ホーム
  2. 気になる体のできもの

気になる体のできもの

カウンセリング

皮膚のできものを取り除く

ほくろは、メラノサイトと呼ばれるメラニン色素を含む細胞が周囲より高い密度で皮膚にできたものを言います。誰にでもあるものですし、顔の一部に小さな点で存在するようなものの場合、その人のトレードマークにもなり得ます。ただ、顔などにその人の印象を悪くしてしまうほどの大きなほくろがあるような場合には、除去してしまいたいと思うのが通常でしょう。また、小さかったほくろが急激に成長し、出血したり膿んでしまったりするようなケースもありますが、そのような場合には皮膚科などに行って良性なものかどうか確認をする必要があります。外見を気にしてほくろを除去したいのであれば、最近では美容外科クリニックなどで簡単に治療することができます。以前は、気になる部分をメスなどで切除する方法が一般的でしたが、最近ではレーザーによる治療で除去する人が増えているようです。施術をするにあたり痛みが気になるところですが、通常は麻酔をして行われるのでその点は心配する必要はありません。施術をした後は、2ヵ月弱くらいの期間その部分が赤らみますが、徐々に和らいできます。皮膚が再生してくるにあたり痒く感じたりすることもありますが、その時には我慢して皮膚を傷つけないように気をつけましょう。治療を受けた日からシャワーを浴びることは可能ですが、可能な限り患部を濡らすことは控えます。洗顔やメイクについても当日からすることはできますが、腫れたりすることを防ぐためにシャワー同様、患部にはできるだけ触れないように注意するとよいでしょう。また、患部のかさぶたがはがれたら、しばらくの間は日焼け止めを塗るなどして皮膚を保護することが大切です。ほくろの治療をするにあたって気になる費用ですが、美容外科クリニックごとに詳細な料金表が用意されています。具体的には、1ミリ単位では電気メスやレーザーの場合には五千円程度で、切開する場合には約九千円から一万円ほどの費用がかかります。また、ほくろ一個単位で料金表示しているところでは、だいたいひとつあたり一万円からの費用設定をしているところが多いようです。ほくろはその根が深い場合、一度除去したとしても再発する可能性が十分にあります。ですので、多くの美容外科クリニックではこれら再発した場合の保証をしてくれます。保証の仕方はクリニックにより様々ですが、例えば一年以内に再発した場合には無料で再度治療してくれたり、あるいは再発した時には2回目の施術が無料になったりするなどのサービスがあります。ただし、治療は皮膚に負担がかかるものです。最初に処置をしてからすぐに再発したからといってすぐにまた施術ができるわけではなく、最低3ヵ月の期間が経過している必要があるなどのルールが設定されていることがほとんどです。したがって、再発によりクリニックの保証サービスを考えている人はこのような点も考慮して再度来院する必要があります。ほくろ除去のために美容外科クリニックを利用した人のほとんどが、最初はかなりの不安を抱いていますが、施術後は総じて皆さん満足されているようです。カウンセリングの段階から丁寧な説明で疑問点などを解決してくれるクリニックが多いように見受けられますし。多少の痛みがあるものの、施術時間もそれほど長くなく期待していた効果を得られたという声が多く聞かれます。