女性

ほくろの治療を相談【治療費は健康保険適用外の自費診療】

目立つコンプレックス

看護師

ほくろの治療は「プチ整形」のカテゴリに入るほど、気軽に行えるものです。価格設定も年々リーズナブルなものが増えており、施術時間自体も非常に短くて済む上に、レーザーを使った手術では傷跡の心配や痛みの心配もほとんどしなくて済みます。

気になる体のできもの

カウンセリング

外見を気にしてほくろを除去したい場合、最近では簡単に治療が受けられます。多少の痛みがありますが、麻酔もあり短時間で終わり、料金もリーズナブルなので気軽に利用できます。再発した場合には保証してくれるクリニックもあるので安心です。

美容クリニックの活用方法

顔を触る人

施術を受けるメリット

誰でも必ずあると言って良い程当たり前な存在、それがほくろです。しかし、顔や首もとなど人の目に付きやすい場所にあるものや、同じ場所に何個もあるもの、直径や膨らみが大きいものは時にコンプレックスにもなってしまうものです。鏡を見るたび気になってしまったり、人の視線がほくろに向いてしまったりして嫌だ、そのように悩むのであれば切除してしまう事も可能です。通常の皮膚科へ相談に行ってももちろん構いません。しかし、ほくろとは原因が先天性のものであったり老人性のものであったりで、悪性腫瘍を疑われる場合を除いて本来病気とは言い難いと判断される事があります。実際、「悪いものではないですから、大きくなったり痛みが出たり、等の気になる病変がない場合は経過観察しましょう」と診断されて切除には至らなかった人もいます。それなのにその場で医師に対して「いえいえ、それでも切除して下さい。」と食い下がれる人は少ないはずです。そこで選択されるのが美容外科クリニックにおける治療です。美容目的で受ける治療ですから、治療費は健康保険適用外の自費診療になりますが、患者が切除を希望すれば原因等に関わらず切除して貰えます。また、切除した後も切開跡や火傷跡をなるべく残さないようなアフターケアを受ける事が出来ます。また、多くの美容クリニックでは無料でカウンセリングを受ける事が出来るようになっており、その日のうちに施術を受ける事が出来る場合もあります。一方通常の皮膚科の場合は大抵、初診で治療方針の決定、2回目の来院で施術、3回目で経過確認ということになるのです。美容クリニックでは高額な治療費がかかるのではと心配されるかもしれませんが、一概にはそう言えないのです。美容外科クリニックを利用するにあたっては予め知っておくと良い情報がいくつかあります。例えば診療代に関してです。美容外科や美容皮膚科を掲げているクリニックだからと言って必ずしも全ての治療が自費とは限りません。クリニックごとによっても、治療内容ごとによっても異なりますが、悪性腫瘍が疑われる場合など一部健康保険の適用となるCO2レーザー治療や切除手術があります。自費となる炭酸ガスレーザーは大きさによって料金が異なる場合が多く、平均して3ミリ以下の小さいものは3千円?5千円程度、それ以上の大きさのもので1万円?1万円5千円程度が相場です。美容クリニックで受ける施術だからと言って想定外に高額な料金ではありません。また、実はほくろはその根底にある細胞が無くならないと再発する可能性もあります。レーザー治療と併用して、メスを使った切除術を同時に行うなど、治療の選択肢が多い美容クリニックだからこそ出来るやり方があります。在籍するのは「美容」に長けた、経験豊富な医師が多いのも魅力の一つです。単純にほくろを取り除くだけではない、施術後どのようにすれば綺麗な皮膚が作られるか、プラスアルファの施術を提案してもらえます。クリニックのホームページを見てみると、多くの場合明確な料金プランを提示しているのも安心して受診できる理由です。年間の症例数や、実際に施術を受けた人のビフォーアフターの写真などを掲示しているクリニックもあり、事前に様々な事を知ってからクリニックに出向く事が出来るので施術に踏み切りやすいのです。

美容整形で傷を残さず除去

顔を触る人

美容整形によってほくろ除去の治療をする際には、自分のほくろの種類にあった最適な治療で除去する事が大切です。口コミなどを参考にして治療方法や必要な費用がどれくらいであるかを比較して、最適なクリニック選びをする事が重要です。